Xcodeから再びモナカへ iOSボタンをモナカのOnsen UIで付ける

Xcode11で画面遷移に四苦八苦しており、フォームを作るプラグインのEureka(エウレカ)の中から条件よって遷移先が変わるようにしたかったのですが、なかなかうまくいかずに、アプリ作りがめっきり止まった状態でした。今でもXcode11を使った遷移方法をEurekaやEureka以外のswift標準機能などで調べています。

アプリの却下理由がネイティブのiOSボタンなどを使っていない、というものでしたので、それはXcodeでしか付けられないものだと思い、Xcodeでの開発に取り組んできましたが、モナカでもOnsen UIを使えば、Xcodeのネイティブボタンなどをつけられると思いました。

この際、純粋なネイティブボタンではありませんが、Onsen UIを使って極力ネイティブに近いものを作れば、審査に通るのではないかと思い至った次第です。

下記画像はOnsen UIのボタン類です。

結構iOSのネイティブボタンとそっくりです。というか同じです。

モナカでの製作もしますが、Xcodeもやってみたいです。Xcodeが使えるようになれば、よりアプリ作成が楽しくなるような気がします。

コメント