Swiftでの画面遷移時に新しい画面をフルスクリーンで表示する事ができました。

今まで、Segue(セグエ)による画面遷移でも、コードによる画面遷移でも、前の画面に覆いかぶさるように下からニョキッと画面が出てきて、フルスクリーンではなく、一部上部のところに前の画面が見えましたが、Xcode画面のインスペクター・エリア(画面の一番右の部分)にある「Transition Style」の真下にある「Presentation」のところの選択肢を「Full Screen」にする事で、全画面表示ができるようになりました。

Xcodeのインスペクターエリアの「Presentation」の選択肢を「Full Screen」にしたところ
Xcodeのインスペクターエリア内「Presentation」の箇所
インスペクターエリア拡大画像

上記画像の「Presentation」のところを「Full Screen」に。

Navigation Controller(ナビゲーション・コントローラー)を付けていたので「ナビゲーションバー」もアプリ画面最上部に表示されます。

下記画像のように遷移先画面の「こころの体温計」とは、のページがフルスクリーンで表示されました。

遷移先画面の「こころの体温計」とは、のページがフルスクリーンで表示されました

コメント