書込み可能なDVDディスクの寿命は何年?

半永久的な保存ができるように思っていたのDVDディスクですが、寿命があるのをご存知ですか。

DVDを作るメーカーや保存方法によっても大きく変わってきます。

極端に安いディスクでは、そもそも測定できずに寿命0年というものもあるとのことです。

「条件によっては100年以上もつが、標準的な状態では数十年」(太陽誘電)

という意見も。

TDKのホームページでも10年以上というあいまいな表現が使われています。

そしてDVD-RよりもDVD-RWの方が寿命が長いということです。

それは、記録面に塗られている金属の違いです。

一回しか書き込めないDVD-Rには有機色素が使われており、この金属が熱や紫外線に弱いことによります。
この点、/-RWや/-RAMに使われている相変化化合物という金属の方が熱に強いということです。(価格も高いですが)

だだ、これらのテストは業界団体(デジタルコンテンツ協会)によるもので、当然業界の利害も絡んでいるのであくまでも参考意見程度だと考えるのが妥当だと思います。(メーカー団体が自分に不利なデータを公表するとは考えられない)こういったデータを公表したのも、日本国内に流通するか台湾製などの格安DVDメディアを排除するためとも考えられます。(私はひねくれすぎ?)
2008年にはJISが統一した寿命規格を発表するという意見もありますが…

こうしたテストは、あえて過酷な状況を人工的に作って劣化のスピードを極端に速めて得た結果ですから、本当の寿命というのはだれにもわからないのです。

ひょっとすると、あなたのDVDメディアは本当に半永久保存できるかもしれないのです。

 

コメント