マイネオを利用しているアイフォーンと中古品アンドロイド・スマホとパケットWi-Fiを利用しています

6年に渡ってアイフォーンをauで利用してきましたが、ちょうど2年に一度の更新月になったので、この機会にauを解約して、マイネオという格安シムの会社へ移転してアイフォーンを使っています。

それとは別に、ポケットWi-Fi(ワイファイ)とアンドロイド・スマホも持ち歩いています。こちらは、普段は使ってなくて、メインのアイフォーンがバッテリー切れになった場合のバックアップ用です。

ポケットWi-Fiのシムカードも楽天モバイルの格安シムを使っています。高速接続の3.1ギガバイトのプランだったのですが、あまりにも使わなくてもったいないので、低速接続のベーシックプランに変更しました。お値段は月額525円(税抜)です。
今までの、高速接続のプランでは900円(税抜)円でした。

低速プランでは、回線速達が低速でとてもユーチューブなどを再生したりはできないです。あとアプリのダウンロードも難しいと思います。
見られるのはメールやラインなどかと思います。

あるサイトを見たのですが、ベーシックプランは、容量無制限なのだそうです。しかし、回線速度は200KB/sだそうです。

でも私は外でユーチューブを観たりはしないので、メールチェックやラインを見ることができれば十分です。

普段はアイフォーンに入っているマイネオの高速通信が使えます。(500メガバイトまで)

今まではauの電話回線を使っていて、データは契約してなくて、データはポケットWi-Fiて使ってきました。一つ気づいた点があるのですが、グーグルマップなどで道案内させる時に、ポケットWi-Fiだと、位置がかなりずれます。現在地が道路から大きくはみ出したりして、とても使えませんでした。

しかし、マイネオで通話とデータの両方がセットになったプラン、つまりはスマホのデータ通信機能が使えると、Wi-Fiの時とは違って、道にぴったりと当てはまって表示されて、現在位置も、誤差がほとんどなく正確に表示されます。これは、本当にありがたいです。

あとWi-Fiを利用していた時は、ポケットWi-Fiの電源を毎日入り切りしないとならなかったのが、しなくてもよくなった利便性はとても実感します。時々、電源を切り忘れて、次の日に出かけようとしたら、バッテリーがなくなっていたということもありました。

マイネオの欠点としてあげられるのは、唯一、クレジットカードが無いと、申し込めない点でしょうか。私も最近になってようやくクレジットカードを作ったので、それ以前でしたらマイネオは申し込めませんでした。

でも、今の料金プランに大変満足しております。マイネオも気に入ってます。私の移動範囲内では、回線速度もまあまあです。

あと、アンバサダーという紹介制度を利用することができ、紹介した方とされた方にそれぞれ紹介した方はその紹介実績によって1000ポイントから3000ポイントもらえ、紹介された方は1000ポイントもらえます。

「マイネオ アンバサダー」などのキーワードで検索すれば、紹介URLを掲載しているサイトがあります。そのURLを利用させていただければ、自分にとっても特ですし、そのサイトの運営者の方も、ポイントがもらえてお得です。

ただし、紹介される側がデュアルタイプと呼ばれる通話とデータ両方があるプランに契約しなければなりません。データのみのプランでは、特典は発生しません。

アイフォーンを自力でシムフリーにして、auだったのを、マイネオのドコモで使っています。

シムフリーには、機種や契約期間など様々な条件があってまだまだ、やりにくいのは事実です。でも、全くできないよりはましだと思います。

マイネオの場合は三大キャリアーともに利用可能です。ただキャリアーごとに値段が違っていて、ソフトバンクはなぜか料金が目立って高いです。

私は仕事柄、比較的新しいアイフォーンを持っていないとならないのですが、auの時はそこで機種変更できましたが、マイネオには比較的新しいアイフォーンは置いていないようです。なので、今後アイフォーンを購入する時は、アップルストアーのインターネットを通して購入するか、直接アイフォーンストアーに行って買うことになります。

通販でも購入することができてその方が待たなくて良いし、ストアーまで行かなくて良いので便利かもしれません。ただし機種は会社から提供されるものなので、会社の人がなんていうかによります。じかに買いに行きたいといえば、一緒に行きます。

アップルストアーで買えば最初からシムフリーですから、手間がかかりません。購入してすぐにマイネオのシムカードを載せて使うことができます。

数年前に比べて、携帯電話産業も随分と様変わりしました。本当にこの業界は流行り、すたりが激しい世界です。

コメント