イーベイ(ebay)で学んだこと

イーベイ(ebay)は、なかなか楽しいです。普段日本では手に入れることができないものも、手に入れることができます。

下の画像は、私が最近注文したものです。

靴ばっかりですか、一番下のはキャンセルした品です。サイズを間違えて10.5というサイズで日本で言えば27.5センチくらいだそうです。

実は真ん中の二つもサイズを間違って買った靴で、サイズは8.0と8.5の二つです。これは男性用のサイズ変換表を見て注文してしまいました。
アメリカでは男性用の靴のサイズを表す数字と女性用の靴のサイズを表す数字が違うのですね。初めてに近い、しかもサイズが重要な靴という品物ですので、アメリカの靴のサイズに慣れていなくて、失敗してしまいました。

注文後、間違いに気付いてからイーベイのメールサービスで、サイズを変更しようとサイズ変更のお願いメールを出し続けたのですが、イーベイでは注文確定後はサイズなど注文内容については、変えることができないようです。

それを知らなくて、ひたすら4通くらいお願いメールを送ってました。

そうこうするうちに時間がかかってしまって、返品できる期限も過ぎてしまい、発送されることになりました。

今回勉強になったのは、間違えたら交渉で何とかするのではなくできるだけ早く、キャンセルのメールを送ることでした。

イーベイのお店にもよりますが、返品するのにかかる送料は購入者が負担します。

帰ってくるお金は、通常の場合ですが、品物代と購入者に送るのにかかった送料です。

もちろん、ここからいろいろな条件で差し引かれていくのですが、使用済みだったなどで、物によっては減額されるようです。

何しろ海の向こうの国で買うわけですから、日本国内にいる時のようにはいきません。届くまで、お金も時間もかかります。ですから、私が思うに実際に買ってみて、間違ったり、余分な出費がかかったりは、慣れてくるまでは致し方ないと思います。

自分で何から何までやるとすると、これは避けられません。相手が善良なお店とばかりは限らなく、お金を払っても、いつまでたっても届かないケースもあると思います。

実際に私が体験した話ですが、靴のサイズを間違えて注文後すぐにメールでキャンセルをお願いしたのですが、お店からは返信が無く結局そのまま発送されたということもありました。

その時はイーベイの方に連絡をすれば、なるべく早い方法で返金してくれるようです。

キャンセルの件なのですが、アマゾンのように自動的に処理されるわけではなく、お店に直接イーベイのメールサービスでキャンセルを申し込んで、お店の人がそのメールを見て、お店のパソコンからキャンセルの手続きを行わなければならないという時間も手間もかかる方法です。

アマゾンの場合はキャンセルボタンがあって、そこにキャンセルの理由を選ぶ選択メニューを押してからキャンセルボタンを押すと、ある一定時間以内であれば、機械の処理で人が間に入ることなくキャンセルされます。

その点が、意外でした。ヤフオク(ヤフー オークション)の場合もキャンセルするボタンが落札者側にもあったと思うのですが、もう長く出品も落札も行なっていないので忘れてしまいました。

もしかするとヤフオクにもキャンセルボタンはなかったかもしれません。

イーベイもヤフオクと同じオークションサイトですから、そういった意味では出品者と落札者とで、直接やりとりして決めるのは有りかなと思います。
でもそれでしたら、交渉の余地はお互いの意思次第ですから、サイズを間違えた時も、迅速にお店に知らされは交渉できると思いますが、そのあたりの注文管理はイーベイの会社側が影響力が強くて、イーベイの取引規則を作ってお店側はそれに従って、取引をしなければならないようです。あまりお店側に自由な裁量権はないように思えます。

イーベイ(ebay)は、昨年公開されたディズニーのアニメ映画「シュガーラッシュ・オンライン」にも重要な場所として出てきますが、主人公たちが欲しいものは、なかなか手に入らず苦労しますが、私も今回取引をしてみて主人公たちの気持ちが少し実体験としてわかるようになった気がします。

「シュガーラッシュ・オンライン」ディズニーの2018年に公開されたアニメ映画

コメント